アトピーサプリランキング!

 

アトピー改善のために摂りたいサプリ成分

 

アトピーによる症状の現れは症状が現れている部分のみに起因する問題ではありません。例えばアトピー性皮膚炎は皮膚に強い症状が現れますが、その根本的な原因は皮膚にあるわけではないのです。アトピーは自身の免疫機構の不調や混乱によって引き起こされており、体内における炎症成分の生成過多や体内環境の不安定さによって起こることが多いのです。ですから、アトピー改善のためには体内の健康状態を改める必要があります。

 

アトピー改善のために摂りたいサプリ成分としてまず挙げたいのは乳酸菌などの善玉菌。免疫機構と腸内環境、皮膚の健康と腸内環境はそれぞれ不快つながりがあるため、アトピー性皮膚炎には特に乳酸菌サプリメントが有用とされています。腸内が乳酸菌優位になり悪玉菌が減れば、悪玉菌が産出する毒素で皮膚が荒れるのを防げますし、免疫機構が不安定になることも防げます。

 

また、アトピー性皮膚炎は皮膚に直接起因しないとはいいましたが、皮膚炎を発症した以上は皮膚の健康を保つビタミンCや亜鉛などの栄養素も必要です。ビタミンCは肌・粘膜の状態を整えるとともにコラーゲン繊維の生成に必要で、亜鉛も肌細胞の新陳代謝に必要な必須ミネラルです。

 

そして、今注目されているアトピーの原因として炎症成分・アラキドン酸があります。アラキドン酸はサラダ油などに含まれるリノール酸から合成される脂肪酸で、現代人の食生活は調理に油を使いすぎであるために結果的にアラキドン酸の生成量が過剰になっています。したがって、サラダ油などの消費量を減らしながら、アラキドン酸と拮抗関係にあるDHA・EPAなどのオメガ3脂肪酸を摂取することも勧められます。

 

アトピーは完治することはないの?

 

アトピーの治療として病院でよく出される薬を見てみると、ステロイド剤や保湿クリームの類いなどがほとんどです。

 

ステロイド剤は免疫反応を抑えるための薬で、保湿クリームは言うまでもなく保湿のためのもの、つまり両方とも対症療法としての薬であるわけです。

 

こうみてみると、アトピーは完治することのない病気で、一生対症療法で誤魔化していかなければならないのか、と絶望する方も多いのです。

 

しかし実際には、アトピーが完治し一切の治療が必要なくなったと言う声は多くないながらも確実にあります。アトピーは完治しうる病気ですので、腐らず治療を継続し、また完治した方の声に耳を傾け、内面から根本的な改善を行っていく必要があるでしょう。

 

アトピーが完治したと仰る方はどなたも、生活習慣の改善や食事の徹底した管理など、体の内面から徹底した健康管理を行ったことがうかがえます。

 

アトピーは自己免疫疾患ですので、対症療法によって皮膚炎を一時的に鎮めるアプローチだけではいつまでたっても治ることはなく、体の中から体質を改善していくことはアトピーを完治させる上で必ず求められることです。それには、アトピーを完治させた方々が行ったような日常生活での健康管理が欠かせないのです。

 

しかしアトピー性皮膚炎は実際に皮膚に炎症を生じるものであり、皮膚炎を放っておけば皮膚に不可逆的な跡などを残します。したがって病院での対症療法的アプローチと平行して、体質改善による根本的なアトピー治療に取り組む必要があります。

 

アトピー改善のカギは腸内環境の状態にある

 

改善の難しいアトピーの対処法を考える際、どうしてもアトピーが発生している部位を外からいじりたくなるものです。

 

外用薬を用いるのも一つの手ではありますが、根本的な改善法としてまずは内面からの問題解決を図りたいものです。

 

肌への影響が大きい臓器と言えば腸、そうです、アトピーの改善も腸内環境を整えてあげることで達成できる可能性があるのです。

 

腸内環境が悪いことで発生する問題としてありがちなのが便秘です。腸内で悪玉菌が大量繁殖すると、発生した悪玉菌が腸の機能を低下させ、腸が奥へと便を送るためのぜん動運動が起こりづらくなります。

 

そのため便が長時間滞留し、そのうち便が腐敗し発生した毒素が体中に回ることとなるのです。このことにより便秘は美容の大敵と認識されていますが、もちろんアトピーに関しても問題は同じです。

 

アトピーは自己免疫疾患ですので、この毒素が直接皮膚を犯すことによる問題ではありません。しかし実際のところ、アトピー性皮膚炎が発生する部位はその前段階として皮膚のバリアー機構にダメージを受けていることが多く、アレルギー体質とは別に皮膚の状態もアレルギー皮膚炎の発生に関わっている可能性が高いとされています。

 

常に腸内環境が悪い人は、すなわち常時皮膚が毒素によりダメージを受けている状態と言えますので、アトピー性皮膚炎の発症リスクが高いことは間違いありません。

 

逆に、アレルギー体質はそのままでも腸内環境を整えることで、アトピー性皮膚炎を始めとしたアトピーによる問題の顕在化を防ぐことができるのです。