アトピーとあせもの違い

初発のアトピーとあせもは判断の誤りやすいものです。あせもだと思って深刻に考えず放置していたらアトピーだった・・・ということは特にお子様にありがちで、初期の対処を誤るとアトピー性皮膚炎が悪化したり長期化する原因となってしまいます。

 

さらにかゆいからといって皮膚を掻いてしまっていると、それがアトピーだった場合の予後は非常に悪いものとなってしまいます。アトピーとあせもの判別は非常に難しいので、基本的には素人判断をせず病院へ行くことが基本となります。

 

アトピーとあせもの見た目にはほとんど違いがありません。どちらも典型的な湿疹であり、かゆみを伴うのもジュクジュクしてくるのも同じです。

 

さらにアトピーの人があせもを発症することも、あせもの対処が悪かったことでアトピー性皮膚炎を発症してしまうこともあるため事態は極めて複雑です。

 

基本的には、あせもは文字通りあせをかいたまま放っておくと起こりやすいため典型的なあせもの発症原因があったならばあせもと推測されること、アトピーは一部だけでなく離れた体の部位にも現れやすかったり、特に体の左右対称に湿疹が発生しやすいため、これらの特徴がある場合はアトピーが疑われる、という程度の判別しか素人にはできません。

 

アトピーだけでなくあせもも適当に対処していると跡が残りやすいですし、あせもの予防は難しいものではないため、アトピーと判別が難しいあせもの予防をしっかりと行うことが重要です。そのためには、一にも二にも速やかに汗を処理することです。