アトピーと日焼け 良いのか悪いのか

アトピーと日焼けの関係を探ると、まさに賛否両論であることがわかると思います。口コミベースですと日焼けした部分がアトピー性皮膚炎を発症していないとか、体を日に当てるようになってから皮膚炎が改善傾向にあるなどと言った話が見られますし、実際に厳しい管理の下ですが特別な紫外線を用いた皮膚炎の治療法も存在しています。

 

一方でやはりアトピーは皮膚炎に最悪だという論調は多く、多くの医師も皮膚炎を発症している部位を直射日光に晒さないようにと言っています。

 

実際のところ、日焼けがアトピー性皮膚炎にポジティブな影響を与えうることは確かなようですが、それを考慮しても日焼けは皮膚炎の大きなリスクである、と言うのが現在の結論であると言えそうです。

 

アトピー性皮膚炎と診断を受ける状態では、例外なく肌のバリアー機構が崩れています。このバリアー機構を破壊する大きな要因の一つが日焼けであり、アトピー体質の人がまだ皮膚炎を発症していない部位に日焼けをし、保湿力を失ってしまうと皮膚炎の直接的な発症原因にさえなってしまいます。

 

ところが、皮膚炎を発症後の皮膚が日焼けをすると、多くは悪化するのですが稀に改善することもあり、これが誤解の原因となっています。

 

ごく弱い紫外線は皮膚炎を改善することがあることは知られていますが、日光の照射が皮膚炎を改善することは悪化させることに比べてはるかに少なく、普遍的な事実として捉えることはできません。紫外線を用いた皮膚炎治療法も、皮膚が全く赤くならない程度のごく弱い紫外線を用いるものです。