アトピーに保湿はダメ?

アトピーについて情報が錯綜しているものの一つに、保湿に関する話があります。アトピー性皮膚炎の発症部位に対する保湿について、例えばネットで調べてみると大半は保湿が必要とありますが、でかでかと保湿は避けるべきなどと言っているサイトもあります。

 

アトピー性皮膚炎の治療に病院へ行くとワセリンなどが処方されることからも明らかですが、アトピー性皮膚炎の治療には保湿が必要不可欠です。アトピー性皮膚炎はかゆみを伴うため保湿により不快感を伴うこともありますが、いずれにせよできるだけ皮膚に跡を残さないため、またアトピー自体を早く治める、完治させるためには保湿を行う必要があることをしっかり把握しましょう。

 

アトピー性皮膚炎が発症すると慢性的に発疹が発生してしまいますが、この時に肌はバリア機構が非常に低下した状態となっています。

 

バリア機構の衰えがアトピー診断の一項目となっているように、これは必ず起こります。アトピー性皮膚炎自体が肌のバリアを破壊してしまうために、これを改善するためには内側からの改善と平行して外からもバリアを補ってやる必要があります。そのバリアとは、最も大きいのが保湿です。

 

肌の保湿は正常な免疫機構のために絶対に必要なものです。乾燥状態が続くとアトピーの有無にかかわらず皮膚炎を発症する大きな原因になるため、ただでさえ免疫機構の崩れたアトピー性皮膚炎では保湿をしっかり行わなければなりません。

 

皮膚炎が発生している部位を乾燥させると落ち着いたように見えるかもしれませんが、乾燥した一番外側の皮膚細胞が死んで角質化してしまっているだけで何の解決にもなりませんし、皮膚炎の跡が残る原因にもなります。