アトピーと海 海水が改善に効果ある?

アトピー性皮膚炎にはプールの水や日光が悪影響を及ぼすため、従来では海で泳ぐことも制限すべきとの論調が多かったですが、最近では海水がアトピー性皮膚炎に改善効果をもたらす事例がいくつも見られ、実際に海水を用いたアトピーの改善法なども試みられています。

 

効果があると目されていても、強い日差しに肌を晒すこともあり実際にアトピーの方が海に入るにあたっては十分な注意とアフターケアが必要不可欠ではありますが、どうしても治らないアトピーを改善する可能性の一つとして、海水を用いるという選択肢を考えてみてはいかがでしょうか。

 

海水の何がアトピーに効くかと言うと、その豊富なミネラルに秘密があるようだと目されています。もともとアトピーの改善には水の品質が重要だと言われており、塩素を多く含んだプールの水が悪影響を及ぼすことは周知の事実です。

 

海水は適度な塩分と豊富なミネラルを含んでおり、浸透圧差による毒素の排出効果や各種ミネラルの外部からの働きかけによる効果が研究されており、実際に効果があったと言う人が多くいる以上何らかのポジティブな効果があることが期待されています。

 

ただし、前述の通り海に入るには強い日差しに肌を晒さなければならず、日焼けはアトピーに悪影響を及ぼす大きな要因の一つです。また海水自体も肌に刺激が少ないとは言えず、体質的に合う合わないがあったり、アトピーの状態によっては控えた方がいい時期もあります。あらかじめ主治医に相談の上、試すようにしましょう。