アトピーに効く石鹸、化粧水

アトピーには日頃からの肌ケアが非常に重要です。アトピー性皮膚炎が発症した状態では、例外なく肌のバリア機構が不全となっているか、あるいは完全に崩壊してしまっている状態ですので、肌を清潔に保ち雑菌を除去することと、保湿を行い肌表面の免疫力が低下した状態を防ぐことが対策の基本となります。

 

したがって、石鹸での洗浄と化粧水などの基礎化粧品による保湿が非常に重要となってくるのです。そしてさらに、アトピーは外部からの刺激に過敏に反応し炎症を発生させるため、刺激の少ない石鹸や化粧品を選ぶ必要があり、対策は非常に難しいものとなります。

 

石鹸や化粧水は想像する以上に肌に刺激を与えうるものです。石鹸に関しては多くの方が想像できると思いますが、使われている油脂の種類や品質が問題となります。

 

必ずしも石油由来の石鹸が肌に刺激を与えるとは限りませんが、刺激成分を十分に除去できているかどうかによります。

 

これは自然由来の油脂であっても同様ですから、自然素材使用と言った宣伝文句を見るだけで安心せず、肌の状態をじっくり観察していく必要があります。当然ながら、スクラブ入りと言った物理的に肌に刺激を与えるようなものは厳禁です。

 

化粧水は、主によく含まれている尿素等の成分が刺激物質として問題になります。また化粧水は肌内部に浸透しなければ意味がありませんが、アトピー性皮膚炎を発症後の肌は中々水分が浸透しないことが問題となります。

 

その点を解決した、砂糖を用いた保湿アイテムとしてみんなの肌潤糖があります。これは砂糖の粒を細かく加工し、オイルコーティングをしたものを肌に塗り込み、砂糖の保湿効果を肌の奥にて発揮させるというものです。

 

アトピーの段階にもよりますが、ある程度以上に酷くなってしまったアトピーにはみんなの肌潤糖が非常に大きな効果を発揮するため、一度試してみるといいでしょう。