アトピーに効く市販薬

アトピーは特に軽度のものだとあまり病院に頼りたくないとか、ステロイド薬を常用したくないなどの理由で、個人で治療法を模索される方も少なからずいます。

 

アトピーは、段階によっては市販薬でのケアもある程度可能ですので、段階に応じて有効な市販薬を抑えておくと便利です。

 

ごく初期のアトピーは肌のバリア機構が崩れはじめ、保湿力が落ちかさつきはじめます。まるで乾燥肌のようですが部位が限定して発生するのが特徴です。これへのケアとしては乾燥状態の改善、つまり保湿用の基礎化粧品が有効です。

 

まずは化粧水がいいですが、化粧水だけでは保湿が不足すると思いますので、クリームやワセリン等でフタをする必要があります。

 

正常な肌ではこれら油分で上からフタをしておけば、あとは皮膚からの水分蒸散で適切な湿度が維持されるのですが、アトピーの肌ではこの機能も不完全になっている可能性が高いので、化粧水等で水分そのものを定期的に補充してあげる必要があります。

 

この段階が過ぎ、皮膚が赤みを持ち始めたら炎症が起こり始めた合図です。こうなってくると処方箋無しで購入できる市販薬で有効なものは限られてきますが、消炎剤を含んだクリーム等を用いる事でごく初期の炎症を鎮めることができる可能性があります。

 

ただし、できればこの段階で病院に頼ることがベストではあります。もちろん保湿もしっかりとし、皮膚の免疫力を維持することも必要です。

 

それ以降、炎症が酷くなったり膿が溜まるまでに至ってしまったら、おとなしく病院へかかりましょう。ステロイドなどを用いて免疫反応を一時的に抑制する必要があります。