アトピーとステロイド ステロイドの副作用と正しい使い方

アトピー治療薬として必ずと言っていいほど目にするのがステロイドです。ステロイドと聞くとどうしてもネガティブなイメージを浮かべる人が多く、アトピー治療薬としてもできれば使いたくないと思う方が多いでしょう。

 

実際に副作用が発生する可能性はあり、医者側からしても必要がなければ使いたくない薬と言えます。それでもアトピー患者にステロイドが頻繁に処方されるのは、やはり替えが効かない薬だからで、必要に応じて付き合っていかなければならない薬ではあります。

 

ステロイド薬というのは、簡単に言うと免疫反応を抑制する薬です。免疫反応とは細菌などが体に侵入した際に、これを追い出すために炎症を起こしたり白血球が細菌に攻撃を仕掛けたりといった一連の防衛反応のことで、この働きを抑制するのがステロイド薬です。

 

アトピーは不要な免疫反応を自分自身の組織に対して起こしてしまう疾患なのでステロイドが有用なのですが、こう書いただけでステロイド薬の問題点や副作用がすぐに考え浮かぶと思います。そうです、実際の感染症のリスクが高まるのです。

 

免疫反応自体は健康維持のため絶対に必要な機構ですから、これを無理矢理抑制してしまえば、実際に細菌が侵入したときにこれを排除する働きが不全となり、感染症を許すことになり得ます。どの程度リスクが高まるかは、ステロイド薬の強さ、つまり免疫力の抑制の強さによります。

 

ステロイド薬を処方する医師はこれらのデメリットについて熟知しているはずですから不必要に強いステロイド薬を処方することはないでしょう。

 

ですがこれを乱用することは避け、用法用量を守り使用する必要があります。また当然ですが、医師の処方によらず通販などで購入し強いステロイド薬を勝手に使ってはなりません。