アトピーに効く食事療法

アトピー改善のための食事療法に関する指針として、まず第一に重視したいのが植物油の制限です。正確にはオメガ6脂肪酸の摂取量を制限する必要があります。

 

オメガ6脂肪酸はほとんどの植物油に多く含まれる脂肪酸で、これ自体は体内で合成できない必須脂肪酸でありますが、現代人にとっては摂取量が過剰で不要な栄養素です。そして、アトピーのアレルギー反応を引き起こす大きなリスクであることがわかっています。

 

オメガ6脂肪酸であるリノール酸の摂取量とアトピーの状態を観察してみると、リノール酸の摂取が減れば減るほどアトピーの症状が和らぐことがはっきりと観察されています。そのため、アトピー患者への食事では一にも二にもオメガ6脂肪酸を減らすことが重視され、そもそも現代の食事においては脂質自体過剰ですから、特に料理に使われるサラダ油のような調理油の使用自体を減らす、もしくはできるだけ使わない方向で考えることが重要とされます。

 

オメガ6脂肪酸が少ない、あるいはほとんど含まない調理油としては、オメガ3脂肪酸がメインの亜麻仁油やオメガ9脂肪酸がメインのオリーブ油などがあります。

 

また脂質自体が摂取過剰とは書きましたが、脂肪酸の中で唯一現代人の摂取量が不足しているのがオメガ3脂肪酸で、動脈硬化などの血管関連疾患を防ぐ効果のあるオメガ3脂肪酸のみはアトピーの有無に関係なく意識して摂取する必要があります。

 

オメガ3脂肪酸は脂身の多い青魚に多く含まれますが、青魚は特にアトピー改善にも効果があると言う報告があります。